MENU

極真会館とは|津-鈴鹿-四日市の空手道場なら|空手-キッズ空手-子供-習い事-道場-極真空手|津市-鈴鹿市-四日市市-三重郡-朝日町-川越町-三重|極真会館-本部直轄三重

059-223-0400

月曜〜土曜・10時〜17時

極真会館とは

極真会館創始者 大山倍達の紹介

極真会館創始者 大山倍達の紹介   今や伝説的存在となった地上最強の武道家、大山倍達。
若き日より武道を学び1947年、 戦後初の全日本空手道選手権大会で優勝して以来、自らの精神と肉体を極限にまで追い 詰める修行の日々が続く。山籠もりや闘牛との対決、アメリカをはじめ世界各地での武者 修行など、数々の逸話は有名。1964年、それまで空手界の常識であった「寸止めルール」 に対して本当の強さを求める「直接打撃ルール」を掲げ、国際空手道連盟・極真会館を設立。
世界120カ国、1200万人の門弟の総裁として、その生涯を極真カラテに捧げた。1994年、肺がんのため死去、享年70歳。

館長 松井章奎の紹介

館長 松井章奎の紹介   すべての武道はいずれも厳しい自己修練を課し、その奥義を極めることによって自己の人格形成、すなわち人間としての正しい道を極めることを目指すものです。極真空手は、この武道本来の意味を全うすることを本義に置いています。また直接打撃制、無差別による実践的空手を通し相手の痛みを知ることによって人間本来のやさしさを知るという理念も、極真の信ずる道です。

極真の精神

『千日をもって初心とし、万日をもって極みとする』

極真会館に伝統的に受け継がれている精神である。


『頭は低く目は高く、口慎んで心広く、孝を原点として他を益す』

創始者である故大山倍達自身が、長年の厳しい修行人生の中で確立した極真精神である。


『押忍の精神』

尊敬、感謝、忍耐という精神があります。心身を錬磨すると同時に、伝統や礼節を重んじる極真会館での修行が、実生活に活かされると信じます。

道場訓

一、 吾々は心身を練磨し 確固不抜の心技を極めること
一、 吾々は武の真髄を極め 機に発し感に敏なること
一、 吾々は質実剛健を以て 克己の精神を涵養すること
一、 吾々は礼節を重んじ長上を敬し 粗暴の振舞いを慎むこと
一、 吾々は神仏を尊び 謙譲の美徳を忘れざること
一、 吾々は知性と体力とを向上させ 事に臨んで過たざること
一、 吾々は生涯の修行を空手の道に通じ 極真の道を全うすること

大山倍達総裁 座右の銘11箇条

一、  武の道は礼にはじまり礼に終わるよって常に礼を正しくすべし
二、  武の道の探求は断崖をよじ登るがごとし休むことなく精進すべし
三、  武の道においてはすべてに先手ありしかれども私闘なし
四、  武の道においても金銭は貴いものなりしかれども執着すべからず
五、  武の道は姿なり何事においても常に姿を正しくすべし
六、  武の道においては千日を初心とし万日の稽古をもって極とす
七、  武の道における自己反省は常に練達への機会なり
八、  武の道は字のためにあるものなり修練にて私心を忘れるべし
九、  武の道においては点を起とし、円を終とす 線はこれに付随するものなり
十、  武の道において真の極意は体験にありよって体験を恐るべからず
十一、 武の道において信頼と感謝は常に豊かなる収穫を得ることを忘るべからず

連盟概要

   国際空手道連盟及び極真会館は、創始者大山倍達の提唱した「頭は低く、目は高く、口慎んで心広く、孝を原点として他を益する」という極真精神を礎とし、極真空手道を通じて人格の淘治と心身の鍛練をはかり、社会貢献を遂行するものである。
さらに、極真空手道においては、人種、民族、国家、政治、思想、宗教、性別、年齢などによる偏見差別がなく、全ての人々が平等の権利を有することを旨とし、国際交流をもって、全世界の平和友好を目指す。
ページトップ
各クラスのご紹介少年部一般部女子部壮年部
指導員のご紹介昇級・昇段についてよくある質問極真三重のブログ
極真会館 本部直轄三重

059-223-0400

月曜〜土曜・10時〜17時
(休日:日曜・祝日・大型連休)

津道場 三重県津市上浜町 (地図)
朝日道場三重県四日市市富洲原町 (地図)
鈴鹿道場 三重県鈴鹿市白子 (地図)
極真会館三重のblog 道場日記極真会館・本部直轄三重 YouTube極真会館・本部直轄三重 Facebook極真会館・本部直轄三重 Instagram
Copyright© 2018. Kyokushinkaikan honbu chokkatsu mie All Rights Reserved.